26 8月 2012
8月 26, 2012

世界最古の温泉

旅行 0 Comment

今週末は1泊2日で山梨へ遊びに行っておりました。家族にお祝い事が3つも重なったので、みんなで温泉に行ってお祝いしようと。

新宿から甲府まであずさで向かい、まずは甲府のご当時B級グルメ鳥もつ煮で腹ごしらえ。ギラギラと太陽が照りつける暑い甲府の街中をてくてく歩いて奥藤丸の内第8分店へ。ビールが合うお味です~。ざる蕎麦も食べてお腹いっぱい。
車でやって来たメンバーと合流してから、武田神社参り。祈るのは家族の健康と幸せと、もちろん私の整体師としてのレベルアップ!この超真剣な後ろ姿を見よ(笑)

で、いざ温泉へGO!
すれ違い不可な狭い道幅の山道が続く上に『落石注意』や『熊に注意』の看板もバンバン出てきて大変なドライブだったけれど、南アルプスの深い緑とキラキラと光る富士川がすごく美しかった。

そうして、甲府から2時間半走り続けて到着したのが、今回の目的地である西山温泉 慶雲館。最寄り駅の身延駅からも1時間半かかる正真正銘の山奥にある旅館。

立地だけじゃなく歴史もすごいのよ。創業は西暦705年(飛鳥時代)、ギネスに世界最古の温泉宿として認定され、武田信玄や徳川家康などの戦国武将にも愛された温泉なんだって。1300年の歴史!

部屋は川に面していて、水音とマインスイオンに癒される感じ。
なのだが、実はかなり狭いです…。造りも設備も古さを感じさせるのは否めない。この値段でこの部屋!?と正直思った。でも、それをカバーするのがサービスとお料理とお風呂なのね。

到着時には蜂蜜と柚子のジュースが出され、部屋の冷蔵庫にはみつ豆のサービス。
食事は部屋毎ではなく全員一緒に取りたいとお願いすると、宴会場を貸し切りにして御膳を並べてお給仕してくれて。

出てくるお料理がまた!

素材の味を最大限に活かすように趣向が凝らされていて、でもやりすぎではなく。味付けも絶妙。メインの甲州牛は口の中でトロける程柔らかく、口の中いっぱいにジュワっと旨みが広がり絶品だったけど、その他のお料理もどれもハズレ無し。素晴らしかった!ボリュームも文句なし。お腹いっぱいで苦しくて、それでも食べずにはいられないという嬉しい悲鳴。

朝ごはん↓もレベル高かった。特に湯葉豆腐と薬膳雑炊、しじみのお味噌汁が美味でした。

そして、肝心の温泉は100%源泉かけ流し、飲むことも出来る質の高さ。特に胃腸と美肌に効果的というので、沢山入って、沢山飲みました。
広い浴場が4つあるので混みあうこともなく悠々と入れるし、24時間Openなのでいつでも好きな時間に入れる。特に最上階にある露天は、山に囲まれ、月を見ながらの入浴が気持ちよかった。

良い旅館でした。お世話になりました!

帰りはサントリー登美の丘ワイナリーに寄って、ワインの試飲しまくり。4杯の無料試飲だけでは足らず、有料で追加オーダー。1万円以上するワインも500円ほどで試飲出来るのです。うま♪

併設のレストランでランチを食べ(これも予想外に本格的な味でビックリ)、満腹で東京に戻ってきました。はぁ~、楽しかった。明らかに食べ過ぎだけど、それもたまには良し。

夜は家のバルコニーからどこかの花火大会の打ち上げ花火まで見ることが出来て、何だか出来すぎじゃないかい。

2日間しっかりエネルギーチャージしたから、明日からまた頑張れそうです

このエントリーをはてなブックマークに追加